単身での引越しは、家族がいる場合に比べれば簡単です。比較的荷物が少なく、割安になることが多いでしょう。とはいえ、具体的にいくらかかるかは、荷物の量や移動距離、引越しの時期や選ぶ引越し業者によっても違ってくるはずです。思っていたより安く済めば安心ですが、ときには予想外の出費になることもあるかもしれません。いざというときに困ったことにならないように、単身での引越しにかかる費用の相場についてつかんでおきましょう。

トラック引越し料金は、荷物量・移動距離・通常期か繁忙期かで相場も異なります。もちろん、実際の料金も違ってきますから、これらの3つのポイントを押さえることでも料金を節約することが可能です。荷物が少ない場合は軽トラック5~5.5㎥、多い場合はとする場合、1.5トンや2トンショート、2.5トントラックで10~11㎥乗せられると仮定しましょう。通常期は5~1月、繁忙期は2~4月だといわれています。通常期に荷物小の引越しを15km未満の同区市町村程度でおこなうと、平均して約34,000円の料金がかかると見てよいでしょう。50km未満の同都道府県程度では、平均約36,000円、200km未満の同一地方程度では平均約42,000円が相場です。500km未満の近隣地方程度では平均約53,000円、500km以上の遠距離地方になると平均約61,000円の引越し料金がかかると考えられます。荷物大の場合、通常期に50km未満の引越しをすると平均45,000円程度の料金がかかるようです。200km未満では平均約60,000円、500km未満では平均約77,000円、500km以上では平均約96,000円と、あくまでも相場とはいっても荷物が多いか少ないかで10,000円以上も料金が違ってくることがわかります。

繁忙期の場合は、さらに料金がアップします。荷物が少ない場合で平均して約7,000円、荷物が多い場合で平均約14,000円も違ってきますから、なるべく荷物量を少なくする工夫をしたり、できれば繁忙期を避けるのが引越し料金を節約するコツだったりします。

 

 

安くするポイント

引越し荷物を少なくまとめることが、料金を安くするコツの一つです。そのために利用すると便利なのは、単身向け引越しパックです。通常はトラックを借り切って荷物を運搬しますが、単身向けパックの場合は決められた大きさのコンテナボックスに荷物を積み込んだうえで他の依頼者の荷物と一緒に運ぶことになります。

コンテナ単身向けパックでは、料金を安く抑えることができるだけでなく、見積もりが不要というメリットがあります。その一方で、利用可能エリアに制限があったり、荷物量に制限があったりなどのデメリットも気を付けたいポイントです。コンテナボックスに積み込めるだけが運べる量ですから、オーバーしないように荷造りをする必要もあります。業者によってもサービス内容が細かく違う点にも、気を付けてみましょう。

単身の引越しを安くするには、学生なら学割が適用される業者もあります。大型家具は引越し先で調達するようにしたり、引越し時期や引越し時間を調節したりするのも節約の一案です。荷物量が単身向けパック以下に抑えることができるようであれば、宅配便で荷物を送る手もあります。格安で引越しする方法は単身者でも複数の選択肢から選べますから、まずは荷物がどのくらいあるかをチェックしてみてはいかがでしょうか。


新生活に向けてひとり暮らしを始めるときに、新天地へと引っ越す必要が出てくるかもしれません。引越しには、荷物を運搬するための費用がかかります。業者に依頼するとなれば、ある程度まとまった金額の費用が必要になってくるでしょう。かといって、自力で引越し荷物を運搬するのは大変です。そこで知っておきたいのが、単身で引っ越すときにかかる費用です。ここでは、単身者の引越し料金の相場に加えて、できるだけ安くお得に引っ越す方法をまとめてみました。

業者業者の引越し料金は、荷物量と移動距離、時期によって大きく変動します。通常の引越しでは荷物量によってトラックの大きさが選ばれますから、荷物量のわずかな差でも料金が違ってくる可能性があります。時期では繁忙期と通常期とで料金に違いが出て、通常期のほうが安価です。軽トラックを用いて最短の移動距離に最小の荷物量で引越しをした場合の相場は平均35,000円前後、繁忙期では40,000円を超える料金になります。2トントラック以上で長距離移動の引越しをすると、通常期でも10万円近くかかるのが相場です。繁忙期には、さらに高くなると見積もっておく必要があります。

単身での引越し料金を安くするには、業者が提供している単身向けパックを利用する方法があります。あらかじめ大きさが決められたコンテナボックスに、荷物を積んで運んでもらう方法です。大型家具は敢えて引越し先で調達したり、荷物が少なかったりした場合は宅配便を利用するのも一案です。学生なら、学割を利用する手もあります。